りこたべ

海外や国内の旅行、食べ物、どうぶつetc. お役立ち情報をお届けします!

北海道 釧路の釧路湿原。見どころや行き方は?雄大な大自然に触れるということ。


f:id:freedom1204:20181223105417j:image

 

北海道の道東エリアで有名なものの一つとして、釧路の釧路湿原があります。毎年、国内外多くの観光客が訪れる名所です。その雄大な自然は、訪れた人の心に響き、日常の緊張感や疲れを癒してくれます。釧路旅行をする人の多くが訪れる、釧路旅行にははずせないスポットです。

 

釧路湿原とは?

釧路市にある泥炭性草原湿地で、釧路川に沿って面積は約180平方キロメートルにも及ぶ広大な日本一の面を誇る湿原です。たんちょうを始めとした野生動物が住むことでも知られています。

湿原の中はガイド付きのカヌーで進んだりすることも可能ですが、湿原の側から見られるところがあります。

 


f:id:freedom1204:20181223105719j:image

 

 

釧路市湿原展望台

 

ここからは湿原や釧路市の町が一望できます。湿原の圧巻のスケールに心を奪われます。また、食事をしたり北海道や釧路のお土産も買えるので、旅行の合間に一息つくのも良いです。

 

釧路湿原に行くには?

まず釧路湿原に行くには、空港は北海道のたんちょう釧路空港が一番近いです。

 

たんちょう釧路空港

直行便は、羽田関西を始め、大分や静岡などほかのエリアからも多数出ています。

 

たんちょう釧路空港から釧路市内へは、バスやレンタカーなどで移動します。

 

阿寒バス

阿寒バスは釧路の名所阿寒湖へ行くルートもありますので、阿寒湖に行く時にも便利です。 北海道はどうしても車がなくては観光しづらいイメージもありますが、車が運転できない人にとってバスなどのほかの手段があるのは嬉しいですね。

 

 

JR釧路駅から釧路湿原へ行くには、6月から10月の間はノロッコ号が走っています。冬は、SL冬の湿原号が運行しています。

 

 


f:id:freedom1204:20181223105543j:image

 

 

 

ノロッコ号

 景色を楽しみながら、釧路湿原までの道のりを快適に過ごすことができます。車内ではノロッコ号グッズなどもあるので、購入することもできます。


f:id:freedom1204:20181223105616j:image

 

 JR釧路駅から、塘路駅に着いたら歩いて釧路湿原を目指します。

 

どんな服装で行けば良い?

釧路湿原がある道東エリアは、夏でも平均気温が低いことで避暑地としてもここ数年特に注目されています。夏に東京でも真夏日になるような日でも釧路は最高気温20度ぐらいの日もあるので、特に寒さを感じやすい女性は長袖などの上着を持っていった方が良いかと思います。私はどちらかというと暑がりな方ですが、それでも釧路に行くと時は秋に着るような服装で行ってちょうど良いことが多いです。足元に関しては、釧路湿原エリアでは段差のある道を歩くことが多いので、スニーカーやフラットシューズなどのヒールがない靴が良いかと思います。

 

雄大な自然を楽しみながら歩くことで、日頃の運動不足も解消できそうです

www.xn--28jya8ezc.site

 

www.xn--28jya8ezc.site