りこたべ

海外や国内の旅行、食べ物、どうぶつetc. お役立ち情報をお届けします!

アメリカに行くならESTA(エスタ)は必須!申請はこのようにやります。

f:id:freedom1204:20190215142319j:plain

911のアメリカ同時多発テロが起きて以来、アメリカ圏(ハワイなども含む)へ渡航するためには申請が必要になりました。

それがESTA(エスタ)です。

ESTA申請方法

ESTAの申請は、どこか窓口に行ったりする必要はなく、このサイトからできます。

ESTA申請【公式】サイト

申請するためにはまずパスポートが手元にないといけませんので、パスポートが失効していたり、まだパスポートが無い場合は早めにパスポートを手に入れておいた方が良いでしょう。


サイトの画面通りに進んでいって、必要事項を入力して、クレジットカードで支払えば完了です。
上記でご紹介した【公式】サイトで申請すると、14ドルです。

グアムやサイパンもESTAは必要?

アメリカ本土から離れていて、日本人にも大人気の島ハワイではESTAが必要です。
では同じようにアメリカ圏の島である、グアムやサイパンはどうなのでしょうか?

アメリカとサイパンはESTAの申請は【必須ではありません】

グアムとサイパンに行くときにESTAがあるとどんなメリットがあるか

グアムとサイパンはESTAがなくても入国できるものの、あった方が良い理由それは入国審査の時間が節約できるです。

グアムやサイパンはアメリカと言っても比較的安く旅行でき、また旅行に必要な日数も少なくて良いので、日本人にも大人気な場所ですね。

そのため、時期を問わず、平日でも毎日結構な人数が現地に入国しますから、入国審査は大変混雑しています。

そこに、日本からの便以外の、ほかの国からの便が到着しようものなら入国審査は大変な混雑となります。

そんな時、ESTAを申請済みであればESTAレーンで入国審査を受けることができます。そのレーンは断然すいているので、入国審査待ち行列のイライラも解消されるでしょう。

深夜に現地の空港についた場合、入国審査が早く済めば早く寝ることができますし、それ以外の時間帯についた場合は早く審査を終えることで
次の予定に早く行くことができます。しかしながら、グアムやサイパンであれば、

「別にそんなに急いで入国しなくて良いや」

「必須じゃないなら、わざわざ手続きして14ドル払ってまでやりたくない」

そういった方はESTAなしで渡航しても良いと思います。

事前準備をしっかりして、快適に旅したいですね。

www.xn--28jya8ezc.site

www.xn--28jya8ezc.site